タスクマネジメントが、従業員のメンタルケアに効く理由

リモートワークで課題となる従業員のメンタルケア

リモートワークを導入している企業で、問題となっているのが従業員のメンタルケアです。

コミュニケーションが取れない状況で孤独を感じたり、仕事とプライベートの境がなくなることによる働き過ぎなど、様々な課題が生じています。

そんな中でも、リモートワークによって成果主義の傾向が強くなることにより、不安感を感じる人が増えています。

そもそも、ある程度分担された仕事があっても、それをどの程度やるかは人それぞれの考え方があります。

ある人は最低限の仕事をこなせば十分と考え、ある人は120%やることが重要と考えているかもしれません。また、リモートワークにおいては仕事のプロセスが見られないため、120%の仕事をしたにも関わらず、成果が出ずに評価されない、といった可能性も考えられます。そういった環境下においては、仕事を頑張ってしまう人ほど、成果を出そうと無理をしてしまいがちです。それでは、タスクを成果に繋げ、部下の健康を守るにはどうすれば良いのでしょうか。

タスク管理の重要性

最も重要なことは、部下が行なっているタスクの内容とワークロードを把握することです。

そのためには各チームメンバーが持っているタスクを可視化する必要があります。

タスクを可視化することで、無駄な業務を行なっていないか、時間をかけ過ぎていないか、あるメンバーにタスクが偏っていないか、といった状況を把握することが出来ます。

チームメンバーのタスク状況が把握できれば、業務をしやすいようにタスクを分割したり、比較的ワークロードの軽いメンバーに再分配するといったマネジメントが可能になります。また、チームメンバーとしても、タスクをしっかりとこなしていることが上司に見えるため、プロセスが見られず、評価されない、といった不安感を拭うことが出来ます。

タスク管理ツールの導入

こまめなタスクを部下からの報告や頭の中で管理することは非効率的です。そのような場合には、タスク管理ツールの導入がおすすめです。

Grid A.I.はタスクの作成とステータスの管理が簡単に行える、最も簡単なタスク管理ツールです。

管理者はダッシュボード上で、チームメンバーのタスク完了状況や、タスク総数、完了までの経過時間などを把握することができ、効率的なマネジメントを実現することが出来ます。リモートワークにおけるタスク管理の実践に、是非お試しください。

関連記事

  1. 顧客が営業に感じる不満はタスク管理で解消できる

  2. 営業DXことはじめ。まず取得するべきデータとは

  3. リモートワークで変わるマネジメント。コーチ型マネジメントとは

  4. 低価格SFA!低コストで運用できる営業支援ツール3選

  5. Salesforceで一緒に使えるタスク管理ツール3選 –…